地球外物質研究グループ|宇宙科学研究所

リュウグウ試料 初期記載論文リリース!(Nature Astronomy誌 2件)

当グループの矢田主任研究開発員と、フランスIASのPilorget博士の論文がそれぞれ、Nature Astronomy誌に掲載されました。キュレーションセンターにて実施中のリュウグウ試料の初期記載から得られた成果です。矢田主任研究開発員は、サイズや密度の物性について、Piloget博士はMicrOmegaによる成分分析の結果を報告しています。

【宇宙科学研究所トピックス】
リュウグウは水、有機物に富む始原的な小惑星だった ─ リュウグウ帰還試料の初期記載から分かったこと ─
赤外分光顕微鏡マイクロオメガによるリュウグウ帰還試料の初期成分測定

【Nature Astronomy】
Preliminary analysis of the Hayabusa2 samples returned from C-type asteroid Ryugu, T. Yada et al., 2021
First compositional analysis of Ryugu samples by the MicrOmega hyperspectral microscope, C. Pilorget et al., 2021

トピックス一覧へ
  • TOP
  • トピックス
  • リュウグウ試料 初期記載論文リリース!(Nature Astronomy誌 2件)