キュレーションセンターの施設利用について

キュレ―ションセンターの設備は、地球外物質試料の加工・分析や、微小粒子のハンドリングなどを行う目的で利用することができます。 利用を希望される方は、申請書を提出後、日程や利用内容を地球外物質研究グループと調整の上、御来所ください。

キュレーションセンターは貴重な地球外試料を管理しているため、試料および施設の保護を最優先としており、その観点より不適切であると判断された利用申請は棄却される場合があります。 また、当施設では、イトカワ試料等の地球外試料を取り扱う作業を常時行っているため、施設利用の受け入れが可能な日程に制約があります。 作業予定日より1か月前までの利用申請をお願いいたします。

利用できる設備

施設利用で利用できる主な設備は以下の通りです。

施設概略

装置一覧

微小粒子のハンドリング作業

申請から利用までの流れ

  1. 申請書提出(申請書ダウンロード xlsx形式 | pdf形式
    申請書は必要事項を記入の上、 宛へe-mailに添付してお送り下さい。
  2. 受理連絡
  3. 日程調整
    特別な事情がない限り、原則として平日のみ(土日祝日は使用不可)かつ地球外物質研究グループの就業時間内での作業計画をお願いいたします。
  4. 事前打ち合わせ
    受入担当者と申請書を基に、詳細の確認・事前の準備(レンタル品や洗浄の有無等)に関して打ち合わせを行います(メールor電話等)。
  5. 来所・作業

    ※宿泊施設としてロッジの利用を希望する方はその旨をご連絡ください。

来所時の注意事項

◎作業に関する注意事項

  • 施設利用が可能な時間は、原則、平日の9:30-16:30です。土日祝・時間外の作業が必要な場合は事前にご相談ください(特別な事情がある場合に限ります)。
  • ユーザー所有の試料・装置・実験器具・物品等の保管はキュレーションセンターでは行いません。 都度、お持ち込み・お持ち帰りをお願いいたします。
  • 無断での写真撮影は禁止です。写真撮影を希望する場合は事前に担当者へ確認を行ってください。

◎【重要】クリーンルーム内作業時の注意事項 ※クリーンルーム内で作業する場合はさらに以下のことにご注意ください。

  • クリーンルームへの入室は、必ず地球外物質研究グループメンバーの許可を受けてから行って下さい。無断入室は厳禁です。
  • 整髪料・化粧品などを使用した状態での入室は禁止されています。入室前に落とすようにしてください。
  • 薄手の長袖、長ズボンを必ず着用して下さい。半袖等の服装の場合、入室前にシャツやパーカなどを着用し、素肌が直接クリーンスーツに触れないようにしてください。
  • PC類、記録メディア等の持ち込みは禁止されています。これらは必要に応じてキュレーションセンターより貸与します。必要な物品・ソフトウェア等がある場合は、事前に担当者へご相談ください。 また、取得したデータの持ち出し方にもルールがあるため、担当者の指示に従って下さい。
  • クリーンペーパーでない紙の持ち込みは禁止されています。作業を行う上で紙の資料が必要な場合、予めクリーンペーパーに印刷しておくようお願いします(キュレーションセンター内でも可能です)。なお、油性ボールペン・油性マーカー以外の筆記具の持ち込みも禁止されています。
  • 岩石鉱物試料の持ち込みは原則禁止されています。クリーンルーム内の装置をこれらの試料に対し使用する場合は、試料を固定し、密封してから持ち込む必要があります。事前に担当者へご相談ください。
  • 放射線管理区域(惑星試料処理室、第2惑星試料処理室)に立ち入る場合は、当センターで放射線安全教育を受講し、所定の用紙に所属・氏名などを記入する必要があります。また、入域前に線量計をお渡ししますので、管理区域に滞在する間身につけて下さい。

利用実績

キュレーションセンター利用実績一覧